30歳からのブログデビュー

アラサー男があなたに贈る現代版「徒然草」(つれづれぐさ)

【読書の秋〜本を読もう!】③平凡

目次

 

1.今回は二葉亭四迷

いつの間にか12月に入ってしまいましたが、無理矢理、読書の「秋」ということで続けたいと思います(笑)

 

平凡 私は懐疑派だ (講談社文芸文庫)

平凡 私は懐疑派だ (講談社文芸文庫)

 

 

さて二葉亭四迷は、日本の近代文学を代表する作家の1人として有名ですよね。

 

名前の由来が、父親から勘当されて言われた「くたばってしまえ(≒ふたばていしめい)」というのも面白いですね。

(*実際は、父から言われたというのは俗説で、自分自身に対していった言葉が由来だそうです)

 

2.「平凡」ってどんな話?

そんな彼の代表作の1つである「平凡」を読みました。

 

本作では題名通り、平凡なある男の人生が包み隠さず描かれます。

 

今年39歳になる下級官吏が人生を振り返るのですが、幼少期に衝撃的な形で愛犬が死んだり、上京するも居候の身として肩身の狭い思いをしたり、その家の娘さんに恋をするも破れ、後に文学で生活できるようになって女性に夢中になるも、それで親の死に目を逃す…という、なかなかの内容。

 

平凡な人生と言えば平凡ですが、ちょっと人間失格」にも近いテイストが感じられる作品とも言えるかもしれません。

 

3.「私」であることの苦しみ

本作は結構長いですし、一体どこが面白いの?と感じる方もいらっしゃることでしょう。

 

実は、近代文学の大きなテーマとなっているのが「私であることの苦しみ」です。

 

大切なものを失い、それを受け止めなければならない苦しみ。

恋をする苦しみ。

欲望の苦しみ。

取り返しのつかないことをした苦しみ。

 

それらがはっきりと「私」という主体に通じて描かれるようになったのが「近代文学」なのです。

 

そして平凡が書かれたのは1907年(明治40年)で、今から100年以上前のことなのですが、当時の人々が、今の私たちと同じ苦しみ・悩み・後悔を抱えていた事に気づかされます。

 

テクノロジーが進歩して、表面的に時代がいくら変わっても、私たちそのものはそう大きく変化してはいない。

 

その事実に対して、私たちは深く感動することになります。

 

本作が書かれた当時としては、その内容は平凡であったかもしれません。

しかし100年以上経過した今、その平凡さが、現在の私たちに多くの気づきをもたらしているように思えます。

密かな目標の話

現在、密かな目標を持っています。

 

それが何なのかという事は、願掛けのような感じで、ちょっと言えません…^^;

 

ただやっぱり、何かに打ち込むのはいいなあと思います。

 

やりたいことをやれ

やりたいことをやれ

 

 

私たちは普段、仕事や勉強、あるいは人間関係などで頑張っています。

 

人はただ生きているだけで、ある意味ではすでに頑張っているとも言えるのかもしれません。

 

けれどそれとは別に、何か打ち込めるものを見つけてみる。

 

 

すると、毎日が全く別物に見えてきます。

 

それは他人から見ると荒唐無稽だったり、あるいは何の意味もないものかもしれない。

 

他人の評価を超えたところに身を置く時間というのも、豊かなものです。

 

 

バンド、旅…など、これまで自分の興味のあることはかなりやってきたと思います。

 

けれど今1番、人生で何かに打ち込んでいるという気もするのです。

 

***

 

なんだか久々に、いかにもブログ、という文章を書いた気がします… (笑)

【読書の秋〜本を読もう!】②失はれる物語/乙一

目次

 

1.有名なのにノーマークだった乙一

失はれる物語 (角川文庫)

失はれる物語 (角川文庫)

  • 作者:乙一
  • 発売日: 2012/10/01
  • メディア: Kindle
 

 

2000年代を代表する作家の1人である乙一さん。

 

超有名な作家さんであるにもかかわらず、これまでノーマークでした。

 

世間でこんなに有名なんだから逆に読まなくていいか…みたいな変な反抗心が芽生えてしまいまして^^;

 

で、このたび、初めて著作を読んでみたのですが、これが非常に面白かったです!

 

2.失はれる物語

これは短編集で、初版が2003年ですから、デビュー間もない作品集という事ですね。

 

それで読み進めてみますと、妄想の携帯電話によって見知らぬ人物とつながる話、交通事故により右手以外の感覚を失った男の話、他人の傷を引き受けることができる不思議な少年の話…などなど、とにかく面白い話の目白押しでした。

 

このような発想は、スティーブンキングや、漫画、ライトノベルなどの影響もあるのかなと感じましたが、しっかりと違和感なく読ませる力量は相当なものだと思います!

 

3.余談ですが…

乙一さんの親族に、映画監督の押井守さんがいるのには驚きました!

 

どうやら、押井さんの娘さんとご結婚されているようですね。

 

小説好きなら読んでいない方の方が少ないかもしれませんが…まだ読んでいない方、そして押井さんのファンの方もぜひチェックしてみて下さい!^^

(自分も、乙一さんの他の著作をいろいろチェックしたいと思います)

【読書の秋〜本を読もう!】①機械/横光利一

目次

 

1.ごあいさつ

読書の秋ということで、最近結構本を読んでいます。

 

そこで、読んで感じたことを備忘録がわりに書いていこうと思います!

 

最近どんどん寒くなっているので、うかうかしていると「読書の秋」が終わってしまいそう…笑

 

2.機械/横光利一 

機械・春は馬車に乗って (新潮文庫)

機械・春は馬車に乗って (新潮文庫)

 

 

横光利一は、明治生まれで、昭和に活躍した作家です。

 

小説の神様というと志賀直哉が有名ですが、実は横光利一もそう呼ばれていたんですね。

 

その代表作が「機械」ですが、主人公が働くネームプレート工場を舞台に、登場人物たちの心理が細やかに描かれます。そして最後の事件で、主人公はちょっと正気を失っているのかもしれません。

 

ほとんど改行がないのですが、読みやすく、緊張感あふれる内容となっています。

 

3.本作のおもしろポイント

本作では「4人称」が使用されています。

 

4人称って、ちょっと聞き慣れないと思います。

 

本作では、事件の当事者である過去の私が1人称で、現在の立場から過去の私が経験した出来事を語る「私」が4人称となります。

 

でもただ単にこの構造が4人称というわけではなく、ショッキングな出来事によって、私にある種の分裂が起きたからこそ、4人称が成立していると言えそうです。

 

「あんな不可解なことを経験したのは本当に私なのか?」…そんな、乖離の感覚なのかもしれませんね。

 

***

 

江戸川乱歩なんかがお好きな方なら、きっと楽しめる作品ですよ!^^

今週のお題「急に寒いやん」の話

さて、今週のお題は「急に寒いやん」という事ですが…

 

これは多くの方が感じているのではないでしょうか。

 

我が家も夜には暖房を使い始めていて、近々こたつも出そうかな…と考えています。 

 

***

 

季節の変わり目になると、昔した旅を思い出します。

 

北海道では6月でも梅雨がなくて気持ちよく過ごせましたが、夜になると涼しいを通り越して寒い日もありました。

北海道のいいところ - 30歳からのブログデビュー

↑当時の記事でちょっと触れています、懐かしい笑)

 

ちなみに札幌市の気温を見ると、11月現在だと最低気温が10℃を下回るのは当たり前で、たまに0℃を超える日も…。寒そうだけど、冬の北海道ってなんだかドラマティックで素敵なイメージですよね^^

 

逆に沖縄では、10月半ばくらいになっても半袖・短パンで過ごせる日が多かったですね。

 

気温を見てみますと、11月でも最低気温が20℃を下回らず、最高気温が28℃の日もあるんですね! うわー、うらやましい…沖縄に行きたい…笑

 

***

 

いずれにせよ、季節の変わり目ですから、皆さん風邪などに注意して、健康にお過ごし下さい!

変わりゆく学校の話

ニュースを見ていたら、最近は(コロナの影響もあってか)皆勤賞廃止の動きがあるようです。

news.yahoo.co.jp

皆勤賞とは、つまり、幼稚園や学校に休まずに通うと賞状がもらえるアレですね。

 

自分は皆勤賞とは無縁でしたが…笑

 

***

 

小さな娘が現在保育園に通っていますが、じきに幼稚園や小学校にも通うようになるでしょう。

 

皆勤賞かどうかは内申には響くと思いますが、正直どうでもいいと思います。(子供の価値を数値化しているようで、内申と言う言葉も好きではないんですよね…)

 

自分は「休みたければ休んでいいし、学校に通いたくなければ無理して通わず家で勉強すればいい」派です。

 

今はネット高校でも本格的に学べますし…。

 

ただ、本人が休まず楽しく学校に通うことに価値を感じていたら、その価値観は否定できないし、皆勤賞の賞状を見せてくれたらきっと嬉しくなってしまうと思います。

 

一方、この子が皆勤賞に価値を感じたまま就職して、自分に合わない職場なのに休まずに通おうとしたり、がんばりすぎてしまったら心配だな…とも思うのです。

 

うーん、よく考えてみると、かなり先の話ですよね笑

 

***

 

最近では朝礼廃止論も少しずつ出てきているようです。(あれって、たまに必ず誰か倒れたりする子がいましたよね…)

 

近年は、夏が猛暑になる傾向なので、夜登校の案も出ているよう。

 

 …ちなみに、思い切って校則そのものを廃止した学校まであるようです。

www.nishinippon.co.jp

 

娘が学生になる頃には、学校が想像もつかないくらい様変わりしているかも知れませんね。

小説家志望ならマインドを変えるべき、という話

目次

 

1.小説を書きたいけど…

ブログを書いていらっしゃる方は、基本的に文章を書くことが好きな方でしょう。

 

もしかすると、小説家志望の方(昔なりたかった方)も案外多いかもしれません。

 

実は自分もかつてそうだったのですが、創作者の道は諦めて、零細なライターとしてなんとか食べている状況です(笑)

 

自分には創作系の才能は無いな…との諦めだったのですが、最近とある小説を知って衝撃を受けました。 

 

2.「うわさのベーコン」の衝撃

この小説は猫田道子さんという女性作家の作品で、雑誌クイック・ジャパンにかつて掲載されて大きな反響を呼びました。

うわさのベーコン

うわさのベーコン

 

 

とりあえず読んでみると、文体なんていうレベルではなく、漢字も敬語も間違いだらけで、そのせいかストーリーもかなり支離滅裂なものに見えます。

 

作家・高橋源一郎さんに高く評価されて話題となったわけですが「これほどめちゃくちゃな内容とストーリーでも作家になれるのか」と(失礼ながら)感じました。

 

3.なぜ諦めてしまうのか?

小説家になること(もしくは小説を書くこと)を諦めてしまう原因には以下のようなものがあるかと思います。

 

・文章に自信がない

・知識が足りない

・プロットが組み立てられない

・読み返すと全然面白くない…などなど

 

はじめはやれそうな気がして机に向かうも、どんどん行き詰まって、厳しい批評を自分に向けてしまい、好きな作家と比べて絶望したりして、ないない尽くしの挫折感を抱いて諦めてしまう。

 

私も含めて、だいたいこのような流れで諦めてしまうのではないでしょうか笑(ミュージシャン挫折のプロセスなどもこれに似ているかと思います)

 

ですが、現実には「うわさのベーコン」のように「未完成で荒削りな状態が逆に編集者や読者の心をつかむ」こともあるわけですね。

 

挫折する人の多くが「完璧を目指さなければ」と考えがちですが、「あまり肩肘を張らず好きに、楽しんでやろう」とマインドを変えるべきかもしれません。

 

4.核心をつきすぎている現役小説家の言葉

で、最近ネットサーフィンで見つけたこちらも、ものすごくためになりました。

note.com

 

これは、現役小説家の行成薫さんが書かれたnoteです。 

 

詳しくは、本文を読んでいただきたいのですが、ここで行成さんは「小説家になる有効な方法論はないけど、だからこそ万人に可能性が開かれている」とおっしゃっています。

 

これってハッとしませんか。

 

人々は成功者に対して、因果関係(何をやったらうまくいったの?)の説明を求めますが、ご本人は往々にしてその説明ができないということがあります。

 

それって考えてみれば当たり前で、「努力=成功」ではないのが、私たちの生きている社会の現実なのです。

 

5.あきらめなければ挫折は無い

私たちはほんの数回の挫折で、永遠に可能性が閉じられたように感じて、諦めてしまいます。

 

単に自分で自信をなくして辞めた場合には、それは挫折ですらありません。

 

「諦めればそこで試合終了」は、某バスケットボール漫画の名言ですが、どうしても諦められない何かがある場合、諦めなければ試合は終わらないし、挫折もありません。

 

***

 

ただし、やり方の問題はあって、収入面などきちんと自分の生活を確立した上で続けるのが良いでしょう。

 

そして、自分の好きなペースでいくらでもやり続ければいいわけです。

 

そのようにして好きなことをちょっとずつでも続けたときに、どのようなことが待っているのか…そう考える喜びは、日常に張り合いを与えてくれそうですよね。