30歳からのブログデビュー

アラサー男があなたに贈る現代版「徒然草」(つれづれぐさ)

「わからないことは絶対に相談したほうがいい」という話

目次

 

1.現代は複雑すぎる

受験、就職、転職、失業、結婚、別居、離婚、子育て、ローン、借金、税金…。

 

さらに人間関係から、今晩のおかず、休日の過ごし方まで。

 

とにかく現代は選択すべきことが多いし、したがってストレスや疲労感を抱える人も多いのかなという気がします。(これを「文明」と言うのかもしれませんが…)

 

そして、正しい選択をするためには知識(情報)が必要なわけですが、日常で選択すべきことが多い分、求められる知識の幅もとても広くなることになります。

 

dime.jp

 

こういう部分で「情報弱者」と呼ばれる人たちも発生しているのかもしれませんね…。(自分も根拠のない直感に頼って何かを選んでしまう事は結構あります…)

 

ネットの発達などで人類の知識量もとんでもない速度で増えているわけで、いちいち深く勉強していたらまず間に合いません。

 

自分はこれまで「自力で何とかする派」だったのですが、年齢を重ねて痛感したのが「ちょっと考えてもわからないことは、すぐ相談したほうがいい」ということ。最終的に自分で決断するにしても、自分の知識を過信しちゃいかん、という事ですね。

 

2.わからないと「病む」

よく悩みを抱えて「病む」人っていますよね。

 

最近、そのような知人の悩みを聞く場面が多かったのですが、実は「心」「気持ち」みたいに抽象的な理由ではないことが分かりました。

 

よくよく話を聞いてみると「具体的(現実的)な解決策がイメージできない=わからないから病んでいる」というケースがかなり多いですね。

 

具体的な解決策を模索しようとせず、それを棚上げして、けれど悩む気持ちは消えない…。

 

これって、多くの人が10代から20代の頃に経験すると思うんですが、ある程度大人になったら、しっかり自分の中で落としどころを見つけた方が、精神衛生上よろしいかと思います。

 

3.で、とにかく相談する

それで、わからないことや悩んでいることがあれば、抱え込まずに、とにかく周囲に相談したほうがいいと思います。

 

家族、友人、知人の意見もいいですが、できれば経験者に聞くのがベスト。ちょっとでも専門知識に関わる話(法律、医療とか)なら、専門家の意見を聞くべきですね。

 

それで可能なだけ、できるだけ多くの人に相談すべきというのもポイントかと思います。

 

1人の意見では、偏りは避けられないし、結果間違った選択肢を選ぶ恐れがあります。

 

だから、セカンドオピニオン、サードオピニオンもかなり重要ですね。

特に専門家は困った人の相談に乗るのも大切な仕事なので、遠慮せず、とにかくいろんな人にどんどん聞きに行ったほうがいいでしょう。1人の意見だけ聞いて決断するのは絶対やめたほうがいいですね。

 

4.多様な選択肢で「思考停止」しない

で、いろんな人に話を聞くと、いろんな選択肢が手元に集まると思います。

 

 

それでは、例えば「仕事が激務で大変だから辞めたい」という悩みがあったとしましょう。

 

いろんな人に相談すると、以下のように多様な意見が集まるのではないでしょうか。

 

・労働環境改善してもらったら?

・別な部署にしてもらったら?

・労基署に駆け込んだら?

・さっさと辞めちゃえば?

・まだ若いんだし、もうちょっと頑張ってみたら?

 

でも、この中から宝くじのように適当に解決策を選んでしまったら最悪です。

 

***

 

この多様な選択肢の前で思考を止めず(思考停止せず)、今度はなぜ、これらのような意見が現時点で実現できていないのか、現実的ではない選択肢は何かなどを考えるべきです。

 

・労働環境改善してもらったら?→波風立ちそうだし、言っても改善されないだろう…

・別な部署にしてもらったら?→今の部署は人足りないから無理だろう

・労基署に駆け込んだら?→そういうのしたことないからわからない

・さっさと辞めちゃえば?→転職できなくて無職になる方がやばい

・まだ若いんだし、もうちょっと頑張ってみたら?→体力的に限界だし無理そう

 

こんな風に考えると「方法は結構あるのに、具体的に行動せずやる前から諦めている」「情報がないために足踏みしている」というパターンも結構多いことがわかります。

 

思考停止という病

思考停止という病

 

 

で、次の段階で初めて「やっぱり会社に要望を出そう」「労基署(もしくは専門家)に相談だけでも行ってみよう」「密かに転職先を探してみよう」「思い切って、独立目指して勉強始めてみるかな」など、前向きで現実的な解決方法が出てくるのではないでしょうか。

 

まとめると、わからないこと(悩み事)は、なるべく多くの人に相談して、多くの選択肢を得ること。そして、それらの選択肢を1つ1つ検討してみること。

情報が多い現代においては、これがかなりベストに近い問題解決法かなと思ったりします。

 

…今は、SNSやメール、電話でも、けっこう専門家とかに無料相談できたりします。便利だし、使わないと損、ですよね。