読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からのブログデビュー

アラサー男があなたに贈る現代版「徒然草」(つれづれぐさ)

恋愛は、逃げるが勝ちだが、役に立つ

1.

 

星野源主演の映画「箱入り息子の恋」を見た。

 

箱入り息子の恋

箱入り息子の恋

 

 

役どころは30歳を過ぎた市役所職員で、恋人いない歴=年齢という人物。

 

一昔前だったら笑って済ませられた映画かもしれないが、以下のニュースを見ると、もはやここに描かれている内容は多くの若者に共感を呼ぶ現実だということがわかる。

 

恋人いない?いらない?若者たちのホンネ : 深読みチャンネル : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 1/3

 


現在、交際相手のいない未婚者(18歳から34歳)が男女ともに過去最高に。男性69.8パーセント、女性59.1パーセントに恋人がいないという。


ただし、未婚者の多くが結婚願望があるようで、男女ともにいずれも85パーセント以上がいずれは結婚しようとも思っていると回答しているようです。

このデータは、国立社会保障・人口問題研究所が発表したものなのでかなり信頼性の高いソースといえる。

 

2.


結婚はしたいけれど恋人は作らない。

 

一見不可解で、矛盾するようなデータの理由は、実はとってもシンプルではないか。

 

つまり、遊びの恋人を作っているような時間もお金もないということだ。

 

経済学的に考えれば当然で、長期的な関係を築きえない恋人というのは、ある意味娯楽であり、不良債権とも言える。 それでもあえて、恋愛をしている人たちは、恋愛が趣味ということになるのではないか。

 

現代は、楽しいことがたくさん用意されているが、その中の選択肢の1つとして恋愛を楽しむ若者が一部いるということだ。

 

21世紀の日本では、家を継ぐという考え方が希薄な若者がほとんどであるだろうし、自由恋愛が当たり前。これは、恋愛をするもしないも自由ということだ。

 

恋愛はいい思い出も悪い思い出も残してくれて、人生の経験値を上げてくれる。しかし、経済学的な側面から見れば、何も残らないか、むしろマイナスになっていることも多い。「恋愛は逃げるが勝ち」が、合理的判断の上では正しいのかもしれない。

 

3.

 

しかし、一度でも恋愛をしたことがあれば、それがどういうものかが分かるので、いたずらに怖がりすぎたり、自分を否定するようなことはなくなると思う。

 

「恋人ができないのは、私の人格や見た目に重大な欠陥があるのではないか。」

 

恋愛経験が無い方の中には、そんなふうに責任の矛先を自分に向けてしまう方もいるかもしれないが、ほぼ100%、それは間違っていると思う。

 

自分が大学時代に出会った女友達の中にも、今まで全く恋愛をしたことがないという人が数人はいた。 しかし彼女たちの多くが、一般的なレベルから見てもかなり綺麗で、性格もよかった。(言っては悪いが、そんな彼女たちに比べてルックス的に難あり、という子達が普通に彼氏持ちだったり、1番結婚が早かったりする)

 

もちろん、男友達の中にも恋愛経験ゼロという人が少なくなかったが、彼らは皆いい奴らで、容姿の面でも普通で、全く問題はなかった。

 

というか、服装や髪型をちょっと勉強して、女性なら多少メイクして。あとは清潔にして、会話でまともに受け答えできれば、ほとんどの人は恋愛面の障壁なんて無いに等しい。

 

4.


恋愛は、多くの場合、不良債権かもしれない。お金も時間もとられてしまう。傷つくことも多いかもしれない。

 

それは正しい。そして、それを(無意識にでも)理解している若い子たちは賢い。

 

しかし「必要のないコンプレックスを持たなくて済む」という意味で、恋愛は役に立つ。

 

一度恋愛を経験した後は、数ではなく質で勝負すべきだ、と思う。

自分の理想にかなう完璧な異性なんてきっと存在しないけれど、自分が少しずつ成長して大人になっていけば、人生を一緒に歩んでいけるパートナーが見つかるのではないだろうか。

少なくとも、焦る必要はないと思うけどなぁ。