読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30歳からのブログデビュー

アラサー男があなたに贈る現代版「徒然草」(つれづれぐさ)

仕事終わりの一服ブログ〜自分に足りなかったものの話

とりあえず、本日〆切(15日〆切)の仕事が終わった。

 

明後日〆切の仕事もあるけど…とりあえず休める。

アップルティを淹れて一段落。

 

さて。

 

昨日は「正社員のオファーを受けた話」を書いたが、

少し進展があった。

 

やはり、先方も不安があったらしく、

いきなり正社員としてでなく試用期間を設けることになった。

本日昼頃に電話があって、そういうことに決まったのだ。

 

もっとも、先方としてはどっち道自分を正社員にしたいらしい。

しかし「知り合いを入れる」というコネ採用によって、

社員に不信感を抱かれると困る、というのもあると思う。

 

後はやはり「新部署がちゃんと形になるのか見極めたい」

という気持ちもあるのだろう。

これは悪くない選択だと思う。

 

お互いやってみなければ分からない。

これは、旅でも、恋愛や結婚でも同じ事かもしれない。

 

…まあ、自分としてはやってみようと思う。

とりあえずもっと話してみて、何かをやってみて、

それで決めればいいと思う。

 

実は、人生30年生きてみて、少々後悔している点もそこだ。

それは「やらずに済ませてきたこと」「先延ばしにしてきたこと」が多い、ということ。

 

もちろん、何も達成できなかった…と言って後悔しているわけではない。

この30年はいろいろなことがあった。

そこにはフリーライターになったことも、もちろん含まれる。

 

ただ、自分は「やりたいことにどんどん突き進む」というタイプではなさそうだ、ということが分かってきたということだ。

 

わりと腰が重い。

体力はあるが、いわゆるエネルギッシュなタイプとはちょっと違う。

 

どんどん突き進むタイプの人はある意味で、バカと天才の紙一重タイプなのだと思う。

 

自分は少々変わっているが、根っこはかなり普通の人なのかもしれない。

異常な性癖も(たぶん)ないし。

 

とりあえず、何かをやってみて、

それで決めればいいと思う。

 

…これが、この30年間なかなか出来なかったことなのだ。

自分から何かアクションを起こすということが。

 

実はこのブログも、そんな想いからはじめたのだった。

「登録して何か書くだけなのに(しかも無料なのに)何がそんなに難しいの?」

という話だが、自分にとってはやはり小さな一歩という気がしてならない。

 

この小さな一歩に至るまでが、時間がかかっていたのだ。

…たぶんこれを「臆病」というのだろう。

臆病だと安全だが、その人生はつまらない。

 

……当初は自分語りをする気はなかったのに、なぜこんなに書いてるんだか。

 

まあいいか。

 

現代版「徒然草」なわけだし。

 

心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、
あやしうこそものぐるほしけれ。

 

(心に浮かんでは消えてゆくたわいのないことを、

とりとめもなく書きつけていくと、変に狂おしい気持ちになる)

 

兼好法師徒然草」序段より